背徳感で感度が10倍上がる!正しくマジメなドロドロ不倫のススメ

普段気軽に会えない自分の妻以外の女性、自分の旦那以外の男性と交わる瞬間に走る全身の電流はどんな麻薬よりも強烈な快感を覚えます。一度不倫にハマると抜け出せなくなる理由はココにあります。

不倫必勝法(女性用)

山尾志桜里の圧倒的不倫テクニックとは?

投稿日:

民進党山尾志桜里不倫画像
民進党の山尾志桜里議員が倉持麟太郎弁護士とホテルの中でセックス三昧ですか・・・。

まー世間も騒ぎすぎですね。

国会議員のバッジを外せば、ただの子持ちの美人妻じゃないですか。

こんな美人で子供がいて、しっかり子育てしながら民進党の仕事をこなしているんですから、ストレスもたまるでしょう。

そりゃーあんなイケメン弁護士だったら甘えたくなりますよ。ええ。

それにしても「なぜ、あんなに地位も名誉も家庭も手に入れた美人が?」と思うかもしれません。

でも、これが盲点です。

これほど野心家で何でも手に入れてきた人ほど、すべて手に入れようとするんです。

だいたい不倫する人というのは欲張りです。

地位や名声が欲しいから一生懸命勉強して手に入れます。

政界でのコネクションだって、そうやって手に入れてきたんでしょう。

だから、常に自分の傍で手軽にセックスできる若い男の肉体もキープできたんでしょう。

おそらく政界の議員はほとんど不倫していると思います。80%くらいはクロですね。

また山尾議員の不倫テクニックは「自分の悩み(家庭)の相談をする」という最も破壊力のある技。

「ベタやね~」と思いましたけど、まあ王道っちゃ王道ですよね。

今回の山尾志桜里議員の不倫は有名人ということと、自民党または民進党の抵抗勢力からの情報リークという不運に見舞われたので発覚しただけで、クロな人はもっといるわけで、さらには一般人に至っても不倫している人はたっくさんいます。

で、不倫進行中のカップルに多いのは自己顕示欲の塊の方がアプローチして、それに喰われるくらいにガードが緩いほうが付き従うという形がほとんどです。

そういう意味では、今回喰ったほうは明らかに山尾志桜里議員の方。(ちなみに斉藤由貴はギラった医者に喰われちゃいましたね・・・。)

いや~肉食ですね。

まあ、相手の倉持麟太郎弁護士もワイルド系ですが、今回は完全に彼が食われましたね。

で、山尾志桜里議員のようにプライドが高いと不倫や浮気相手も極端に格下じゃあ困るんです。

プライドの高い山尾議員ですから、「私の相手をするなら最低でも早慶卒業者」とか、そういうボーダーがあるんでしょうねw。

実際に私が知っている不倫実践者もやっぱり頭が良く、高学歴の人が多いです。

犯罪ではないところで、いかにスレスレの駆け引きをするか。

いかにバレないで快楽を貪ることができるか。

そこにスリルを感じるって言っていました。

あと、不倫しているときは、「女性フェロモンがムラムラと身体中をつきまとっているのが自分でもわかる」と言ってましたね。

なんか、金持ちがお金目的じゃなくてスリル目的で万引きする、とかそんなのに似ているんでしょうね。

あとはいかに相手の信頼を得るかとか、好きと言わせるか、など疑似恋愛シミュレーションを楽しめるのも不倫の醍醐味ですね。

今回は不倫ゲームをゆっくり楽しめなくなるほどに有名になりすぎてしまったということで、ちょっと可愛そうな結末になってしまいましたが、山尾センセイおよび倉持弁護士の今後の再起を期待します!

-不倫必勝法(女性用)

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした